アスファルト舗装工事を業者に依頼【きれいで均一な仕上がりになる】

メニュー

舗装の工事は天候に注意

舗装工事

アスファルト舗装の注意点

アスファルトの舗装工事は、季節や気温の影響を大きく受けます。特に、冬の気温が低くなる時期の工事には気を付けましょう。アスファルトは熱を加えると柔らかくなり、温度が冷えると固まる性質があります。そのため、寒い時期にアスファルトを踏み固める転圧作業をしていると、作業途中でアスファルトが固まってしまい、道路がデコボコになってしまうことがあります。また、運搬中にアスファルトが固まってしまうこともありますので、気温が低い時の舗装工事は要注意です。豪雪地帯では、雪が降り始める前に舗装工事を終えるようにすることが大切です。また、夏の暑い時期は作業員の熱中症が心配されます。舗装工事中には、アスファルトから熱が出て相当な暑さになります。猛暑日の工事は避けた方がよいでしょう。雨の日も、小雨程度でしたら舗装工事を行えますが、梅雨のように長い雨が降る時期や、大雨の予想が出ている日の工事はやめた方がよいでしょう。舗装工事は、最後にロードローラーなどの転圧機を使って、アスファルトの温度を徐々に下げながら平らにしていきます。そうすることで、余分な隙間を埋めることができ、強固なアスファルトにすることができます。しかし、雨が降ってしまうと、転圧ができないまま、急激にアスファルトが冷やされてしまい、強度が確保できず、数ヶ月でひびが入ったり穴が開いてしまうこともあります。そのような舗装工事に向かない日でも、工事を行う業者がいます。それは、工事期間が決まっている、つまり、予算がないために、短い期間の工事で終えなければならない場合です。そのため、あまりにも値段が安すぎる見積もりを提出する業者は、しっかりとした舗装工事を行わない可能性がありますので注意しましょう。

Copyright© 2018 アスファルト舗装工事を業者に依頼【きれいで均一な仕上がりになる】 All Rights Reserved.